FC2ブログ
eyelessfish
2017.09.04_00:37


戻りたい。 自分の居場所
稼ぎたい。 〜のために
休みたい。 考えるのも休みたい
遊びたい。 もう一度過ごしたい
役に立ちたい。 必要とされたい


初めて、こんなことを一度に思う。




今日、休憩中の散歩で、
自販機で見つけたミルクコーヒーを買って飲んだ。
名前も忘れた同級生が、
「私、これならコーヒー飲めるんだよね!」
と、嬉しそうに飲んだ缶コーヒーだ。

味気ないのに甘みが強くて、
ミルク感もあまりないけれど、
ゴクゴク飲んだら
なんだか爽やかな気持ちになった。

缶コーヒーといえば、
前にも言ったことがあるかもしれないけど、
すごく寒い日、
暖かい缶コーヒーを、
そのとき一番夢中な人にあげたら
「缶コーヒーがダメなんだよね。」
って言われてなんだかショックだったことがあった。

手に持った時は熱すぎるくらいなのに、
そのうち心地よい暖かさになり、
いよいよ口に含んだときのホッとする。
この有り難さを、
この人とは共有できないのか。
という寂しさだった。


そんなことを思い出しながら
休憩から戻ったら、
缶コーヒーをもらった。まさか。


冷蔵庫に入っていたキンキンに冷えた微糖のやつだ。

「もらったんだけど、口に残るから嫌いなんだ、缶コーヒー。」


一気に飲んだら冷たくて、
こめかみがキーンと痺れるくらい、
それでもすごくうまかった。


舌に残る甘みと苦味。
どちらも恋しいからまた飲むかもしれない。
苦くても欲するのはなんでなんだろう。






できることならば



















スポンサーサイト


この記事へのコメント
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可