eyelessfish


これから一人で住む部屋で寝るよりも、
今まで二人で住んできた家で一人で寝るほうがさみしい。
まだ一人で住んでいないけれど、
一人で寝る今、隣に彼女がいないこの夜が
これからの一人の夜の中で一番さみしい夜になる。
孤独に死ぬことがあっても、
その夜よりもこの夜が一番だ。

ぼくは頑固な母親に、
「お前みたいな言うこときかないばばあは、
孤独に死ね。」
そうやって聞く耳を持たぬ母に言ったことがあるけど、
母はその時傷ついた顔はしなかった。
もしかしたら母にも、
今日のぼくのような、死ぬよりもさみしい孤独な夜があったのかもしれないなあ。



ほら、彼女の寝息も聞こえない静かな夜。

彼女が忘れていったコーラをやけ酒みたいに飲んでいると、
我に返るたびに泡が弾けて缶に当たる音が聞こえてくる。
ぽつぽつとやがて静まったら、
ぼくも寝ようかな。
いつまでもいつまでも聞いていたら、
コーラとぼく、どっちが先にくたびれるかなあ。


おやすみなさい。


スポンサーサイト


この記事へのコメント
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.03.23 23:26 | edit

わかります。読んでくださっていること。
いつもありがとうございます。
本当に話しかけてもらえたみたいに、
メッセージをもらうと明かりが灯り、すぐ届くんですね。
まだ、コーラと戦っています。ぼくは負けて、
ちゃんと暖かくして寝ます。おやすみなさい。感謝
ラスジマ | 2017.03.23 23:41 | edit