eyelessfish
2016.08.15_22:32


ぼくはスーパーアルバイターだ。
(そうやって言えば、
なんかすごいことをやっているような気がする。)
彼女のアパートで彼女と暮らしている。
収入は彼女の3分の2だ。
ローンとかローンとかローンとかで、
給料はまるっとなくなる。毎月のことだ。
家賃はいつしか払わなくなった。
少しでもぼくの貯金を増やすためだ。
彼女の計らいだ。
ぼくは彼女と同時に家を出て、
彼女よりも早く帰ってくる。
だから、掃除も洗濯も料理もする。
家事は嫌いだ。
特に洗い物と洗濯が嫌いだ。
彼女は洗濯が好きだから大抵やってくれる。
ぼくは洗い物が嫌だけど、やる。
彼女のためだからだ。
彼女はよく遊びに行く。実家にもすぐに帰れる。
ぼくは友達がいない。実家は遠い。
一人でも大丈夫?と聞かれれば、
ぼくはかならず平気。と答える。
だけど、次の日の朝起きて、
平気ではなくなっている。
彼女が今日、帰ってこないのだとということで
さみしくて仕方なくなる。
そのままの洗い物、そのままの洗濯物、
買ってきてそのままの食料品。
ぼくはその時、
物を与えられて場所を与えられて、
存在している気分になる。
お金がなくて力にはなれないから当然なのに
そういった気持ちを彼女に知らせたい衝動に駆られる。
なんで、自分だけ好きなときに好きなだけでかけて、
家事も進めないで、
ぼくがここで待っていればいいの?
全部やっておけばいいの?
さみしいときはどうしたらいいの?
そういう思いでいっぱいになる。

口に出してしまったのだ。それをついに。
あたしに何を求めてるの?
彼女の怒りは目に宿っていて、
ぼくはその目が涙で見えなくなった。


彼女のために生きればよいではないか。
少しの幸せと少しのやりがいで十分。
大きなことを成し遂げなくても、
大きなものを得なくても、
彼女のそばにいることができれば幸せではないか。
なのに、なんでぼくは抑えることができなかったのだろう。
寂しさを。


お互いが自立して収入がないと、
一緒には暮らしていけない。
同性なんだもん。
ぼくたちは結婚できない。


でも悪いのはぼく。
落ちぶれたぼくです。



スポンサーサイト


この記事へのコメント
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可