eyelessfish





そう、マザコンではないけども。
こうゆう思いはあるということは言いたい。
以下はぼくと彼女の会話である。




「うちのオカンがさ、
今回の仕事辞めたほうがいいんじゃないの?
って意外と言っててさ驚いたんだよねー」

「それってどうなの?
自分の娘が決めたことにあーだこーだ言うなんて。
親として、子どものこと応援できないわけ?」

【彼女がぼくにあーだこーだ言うのは
いつもいつもなんだけど。】

「まあ、オカンがそこまで言うってめずらしいからね。
色々あったから心配なんじゃない?」

「でも、どうなのそれ?まったくさあ‥」

【なぜか、頬を膨らませ口を尖らせて言っている。】



違うある日、



「親子で喧嘩しててさ、止めに入ったら
でこが擦りきれたわー」

「かわいそう。〇〇ちゃん‥」

「まあ、よくあることだから。」

「許せない‥」

【え?誰を?笑
もしかしてうちのオカンのことを?笑】




大切な人のお母さんという一種の労りのような
一種の愛着のようなものが
彼女にはないのだろうね。

『私の〇〇ちゃんなのに。どうして?』

そんな風に思っている感じがする。
目が合わせられないまま相槌を打ち、
混乱しているとき、
ぼくは彼女の前でどんな顔をしているのだろう。









「あたしのこと愛してないの?」

【愛してないように感じているの?】



ぼくたちは深く長く一緒にいることができますかね。




スポンサーサイト


この記事へのコメント
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可