FC2ブログ
eyelessfish




へーそうなんだー

ぼくは彼女の物語を聞いてそうつぶやく。

なんで?とも聞かないし
どういうつもりで?とも聞かない。
だから今はどうなの?とも聞かない。

過去からつながって今の彼女がある。
過去に何してたって誰といたって
今の彼女に残るべきものは残っているだろうし
いらないものは捨て去っているだろうし
どのように選択をして生きてきたとしたって
ぼくは目の前のその人すべてが大切だ。


嫉妬しないぼくを彼女は少し残念がるけど
それに近いものはあるんです。実は。

なぜもっと早く出会わなかったのかと。
なぜもっと早くぼくを見つけなかったのかと。
そこでもやもやすることはある。

今よりももっと若かりしぼくは
彼女を受け止められなかったのかもしれない。
でも何かできたかもしれない。
このもやもやは無駄だと知っている。
だから寝たら治るぐらいなのだけど。

だといいけど。


欲しいものは絶対に手に入れる。
ぼくはそうして手に入れられた。
だから君が欲するうちはそばにいるよ。
と、ぼくは誰かのために心の内でつぶやくのです。



スポンサーサイト


この記事へのコメント
Name
Title
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可