eyelessfish



『人のセックスを笑うな』の中古本を
0時前の閉店間際に買いました。
遅くまでやっている本屋さんに感謝しています。
自分ではどうしようもなく持て余している気持ちの行き場が
きっと深夜の本屋のどれかの本にあります。
いつもならカバーをおつけしますか?
と聞いてくれるのに、
カバーは何も言わずにつけてくれました。
その店員さんの本日の最後の客が、
しかもぼくのような見た目の人間が、
タイトルがタイトルである本を買っていくなんて、
さぞ心が乱れたことであろうと思います。
買取額がクーポン持参で10%アップになります。
ぜひ読まなくなった本がありましたら
お売りくださいませ。
その台詞は一字一句正確でありました。
とても丁寧な対応で、
本が好きな人だと思いました。
その本をじっくり味わってくださいね。
と、言われたみたいでした。

久しぶりに映画を観て
原作が読みたくなったのを、
帰り際思い出したので
ぼくはレンタル屋を通り過ぎて、
書店へと向かったのでした。
帰ったらトイレに行って、
ズボンをまたきちんと履いて、
もう一度便座に座って買った本を読みました。
小一時間で読み終わりました。

ユリちゃんのような女性のことが知りたかったのに、
気になったのはみるめ君の気持ちで、
今日仕事で、
突然態度が変わってしまった学生君の気持ちがわからなくて、
何がいけなかったのだろうとずっと考えていました。
何が気に障ったのかいまだにわからないけれど、
ぼくも若い頃、
突然気分が悪くなって無性にイライラしたり、
かっとしたり、
悲しくなったりしたことが多かったことを思い出しました。
彼が繊細なんだと思い、
悪いことをしたなと思うし、
ちょっとだけ傷ついたなあという気持ちに対して、
こんな風に許してあげられるけど、
チクっと痛い気持ちになるんだなあと
大人の痛みが少しわかりました。
もうこれからは、たやすく人を傷つけたりしないよう、
許す側に徹していこうと思いました。
彼はきっと自分が大切にされていないと思ったのかもしれません。
そんなことないのに。
頼れるからほかっておいたのになあ。

映画も原作もユリちゃんはユリちゃんでした。
もしもの人生が並行して進んでいくような
パラレルワールドみたいな違いでした。
一緒にいても一人でいられる人と、
会えなくても終わりじゃなくていい人と、
そばにいたい人は色々いて、
あれもこれもとはいかないのだと思いました。

とても下手な例えですけど、
すっごいうまいケーキを何度も買えるだけ買って食べ続けるより、
美味しかったな!っていうひと時の幸せな気持ちが
心の中でずっと残っているほうがずっと幸せだと思うのです。



あまり心を開かない人がきゃっと笑うと、
猫がはじめてゴロゴロ言ってくれたときのように
すっごく嬉しくて、
かわいいなあと思ってしまいます。

「においがしないから、違うと思う。」

その台詞も、
猫か!と裏付けたくなる台詞でした。

人の心を考える今の生活、
面白いなあと思っています。







スポンサーサイト